Monday, December 14, 2020

アーユルヴェーダ 冷え性解消・消化力を高める最強ドリンク三種 レシピ 自宅でできる体質改善

 2020年はもうすぐ終わるけど、

コロナはまだその辺をウロウロしてるから体を温めて免疫力を上げよう(・∀・)


病気は気を病むって書くから、
まずは気の流れを保つことが肝心😾 

アーユルヴェーダでは、病気の原因はドーシャ(風・火・水の体質)のアンバランスと、代謝と消化の火であるアグニ(消化力)が不調になり、病的な老廃物であるアーマ(毒素)が体のあちこちに蓄積することが原因とされています。アーマは老化促進、免疫力低下、病気の発生源のもととされています。


今日はこの投稿をたまたま見たあなただけに♥️
体内毒素であるアーマを消化する
レシピをプレゼントします🎁

①生姜湯
生姜のスライスを数枚20-30分火で煎じ、煎じた液を飲みます。黒糖などを入れても◎

②生姜汁+レモン汁
これはアーユルヴェーダでは体内の余分脂肪を流すデトックスティー(しかも何故か秘密とされている🤫)として有名ですが、消化力を立ち直らせるのにもマジで効く。生姜汁+レモン汁+蜂蜜🍯にお湯を加えて、クミンや胡椒粉振りかけて飲みます。

③トリカトゥ(アーユルヴェーダの秘宝㊙️)
生姜粉+黒胡椒粉+長胡椒粉を等分混ぜたスパイスに白湯を注ぎ、蜂蜜を少量入れて飲みます。家にトリカツなんてある人なかなかいないと思うので、生姜パウダーと黒胡椒だけでも大丈夫です🙆‍♀️◎

★2020年 東洋医学の視点からは
地球が🌏金星の影響を受ける今年は、特に冷えが強くなるので、ニンニク・白ネギを料理に4粒・4切れずつ使いましょう。(数も重要らしい😓)これに生姜や紫蘇もプラスしたら金の気(乾燥と冷気)を払えます。

ヨガの太陽礼拝・深い呼吸も体を温めるのに超有効です😳(体験的にわかります)

水をたくさん飲んでも喉が渇く、口や目が渇くと言う人は、横隔膜の動きが悪いためお腹に寒邪がたまり、上熱下寒の状態になっています。横隔膜は体内の水の循環を司ります。体内でいい具合に水蒸気が出せないと顔・喉が乾燥して呼吸器疾患にかかりやすくなります😥だから毎日悩み事や緊張がある人こそ深く呼吸して横隔膜を動かすようにすることが大事です。あとしつこいけど生姜湯もね😗笑

Hot lemon and ginger tea 🫖 🍋
It is cleansing and detoxifying to the body, enhances digestion, improves poor blood circulation, and increases the metabolism if you want to lose body fat.

Keep your body warm is very important especially now because body temperature determines your immunity during winter. Also, it’s important to breathe consciously to improve the flow of qi and blood😘

No comments:

Post a Comment

元はアメリカで生まれた糖質制限ダイエット たんぱく質過剰摂取で心疾患・肝機能低下 糖質制限の闇

  糖質制限は 私はもう古い間違ったダイエット法 にしか思えないが、 アメリカでも日本でも 未だにすごくホットな減量法とされていて 糖質制限が体に悪い なんて 言う情報はネットでは滅多にみないし 意外とみんな知らないことだと思うことを 今日は書こうと思う。 ケトダイエットはたんぱ...