Sunday, September 8, 2019

キャバ嬢の掟 キャバ嬢の美容法 公開します♥ 【極秘情報】


東京R市某クラブの
元ナンバーワンキャバ嬢だった友人が書いた本の著作権を
私が買いました。

普段このブログを読んで下さる皆さんには、
この本の中から
有益な情報を無料で公開していきます(o^―^o)

プロローグ

「キャバ嬢って、美人で、スタイルも良くて、男に貢がせて楽をして稼いで、おまけに無料でお酒も飲めていい職業だよなぁ。」

が東京の某有名キャバクラ店に勤めていた時は
時々お客さんにこんなことを言われました。

キャバクラを題材にしたドラマなどを見ても、
そういった感じのイメージは少なくないようです。

しかし、この世の中に楽をして稼げるビジネスなんて存在しません。

例外として、何をしなくても稼げることと言ったら、
不動産や土地持ちの方の収入がありますが、
それは元々あった財産を生かしての収入なため、
ゼロから自分の力だけでお金を稼ぐビジネスとは別です。

それに、その不動産や土地を取得するためにもしかしたらその方、
もしくはその方の先祖が、
過去に並々ならぬ努力をしたのかもしれません。

ビジネスという取引が世の中で設立する理由は、
お金を払うだけの価値のあるものを個人・もしくは企業が提供し、
それを欲しい人がいるからです。

だれも、価値のないものやサービスにお金を払いたくありません。


ですから、
キャバ嬢もお客さんが高いサービス料を払ってくれる限り、
自らも最高のサービスを提供し、お客さんを満足できるように、常に努力しなければ、いくら見た目が綺麗でも、
客さんは来なくなります。

そう考えると、この世の中に楽をしてお金を儲けるビジネスなんてそうそうないものだとわかります。
キャバ嬢のお仕事もそうです。

私は一番キャバ嬢として一番売れている時期は、
時給は5000円から6000円頂いていましたし、
それにプラスで同伴バック(お客さんと食事をしてからお店に来るともらえるお金)、
指名料バック(新規または自分のお客さんが自分を指名で来てくれると、
もらえるお金)、
ボトルバック(キャバクラでお客さんにお酒を入れてもらう度にもらえるお金)をもらっていました。

当時は20代でしたが、
一回の出勤で最低5万くらいは稼いでいたので、
ひと月20日出勤しても最低100万は稼いでいました。

それに、お客さんがたまに同伴の時にお小遣いやプレゼントをくれるので、
そのような臨時収入もありました。

そうすると、1年で稼げる額は、
そこからキャバ嬢として身なりを保つための美容・衣服・ドレス費用、
プラスお客様への定期的な感謝を示すためのプレゼント費用などをひいても、
1000万円は稼ぐことができます。

しかし、
この売れてるキャバ嬢という仕事が昼間の普通のバイト(ファミレスなどの店員さん)もしくはOLさんよりはるかに稼げて、
学歴・職歴も必要ないのには大きな理由があります。

この本は、キャバクラで女性が確実に稼げて、
より一層美しく、幸せになれる手助けになればと思い執筆しました。

ですから、男性向けではなく女性向けに書いた本です。

ですから、お金を出して買っていただく方のために最初に申しておきますが、これは女性をキャバクラで口説くためのマニュアル本ではありません。

しかし、私が持ち得る限りの最も効果的な美容法・セルフケア・コミュニケーション戦略・最先端の自己改善術など盛り沢山で紹介しております。

この本自体は価格設定低めで出しておりますが、
内容はあなたの人生を大きく変え、
美と若さという女性にとっては資本ともいうべきものを維持するためのノウハウを書いたので、あなたの一生ものの財産となるでしょう

元キャバ嬢として、払っていただいた金額以上の満足度を提供する。

これは私のポリシーです。
これから、
キャバクラで働きたい方以外にも、
綺麗になりたい方、
男性にもてたい方、
痩せたい方、
ダイエットに何度も失敗してきた方、
より健康になりたい方、
いつまでも若く瑞々しい肌をキープしたい方、
人とのコミュニケーション能力を上げたい方、
そして幸せになりたい女性全ての女性に捧げる一冊です。


No comments:

Post a Comment

Vegan banana cake recipe ビーガンバナナケーキレシピ♥

この投稿をInstagramで見る 途中で日本語話すの忘れちゃったけど、字幕をみてね🤸‍♀️💕 Momo さん(@yoga.with.momo...