Monday, June 10, 2019

ブルーキャット 青い猫 (自作の話 ショートストーリー)

ここは、イギリスの東部の美しい町ケンブリッジ。僕はある雪の降る夜、教会の前に捨てられていた子猫だった。僕には三毛猫のママ、黒猫のパパ、それから5匹の兄弟がいたんだけど、兄弟たちと違って僕は特殊な青い色をしていたから、飼い主さんは青い猫なんて見たことがない。この猫はきっと不吉なことを我が家に運んでくるに違いない。早くどこかに捨ててしまおうと言って、僕だけ1匹家から追い出されちゃったんだ。僕は寒さで凍えながら、お腹が空いて、声が出せずに、教会の門の淵に挟まって上を向いて神様が僕を迎えに来てくれるのを待っていた。そんな時、教会の牧師さんのリチャードが僕を見つけて保護してくれたんだ。僕の特殊な容姿にも関わらず、リチャードは僕を見つけた時、彼のしていたマフラーで僕を包んで大事そうに抱えて彼の家に連れて行ってくれて、ホットミルクをごちそうしてくれた。お腹がいっぱいになると、僕は何故か心の底から力が沸いてきて、牧師さんのリチャードに思わず、
「おいしいミルクをありがとうだにゃん。」
と大きな声でお礼を言った。リチャードはびっくり仰天して
「僕は牧師になる前は、ロンドンで動物学の教授をしていたから、様々な風変わりな動物を見てきた。だけど、カワセミのように綺麗な青い色をしていて、人間の言葉を話せる君みたいな猫は今まで見たことがない。君はなんてユニークな猫なんだ。」
と言った。それから僕はリチャードにお風呂に入れてもらった。彼は、ちょうどいい湯加減のお風呂で、僕の汚れた足の肉球の間まで隈なくスポンジで丁寧に洗ってくれた。僕はその間、僕にはまだ名前がないことをリチャードに伝えた。お風呂からあがるとリチャードはふかふかのタオルで僕の体を拭きながら
「今日から君の名前はマーマイトだ。マーマイトは僕のお気に入りのパンに塗るペーストなんだ。見かけはチョコレートソースのようだけど、その特有のにおいや塩味がとても強いから、初めはみんなに嫌われがちなんだ。でもね、バターと合わせてパンに塗るととってもおいしくて栄養も満点なイギリスの誇り高き伝統食なんだ。だから、僕は大好物のそのペーストの名前を君の名前にしたいんだけど、君はどう思う?」
僕はまだ子猫だし、まだ粉ミルクしか飲んだことがないから、当然そのマーマイトとかいう食品に関しては知らなかった。だけど、牧師さんが大好きな食品の名前を僕に付けてくれたことが嬉しかったから、僕は自分の名前をマーマイトにすることに同意したんだ。次の日から牧師さんは、教会に行くのにいつも僕を連れて行ってくれた。主日の日はいつも、僕は牧師さんに、来訪者のみんなにビスケットと飲み物を提供する役割を任されたんだ。
「コーヒー・紅茶・オレンジジュース・ミルク何を飲みますか?ビスケットもどうぞ。」
と言って、僕は、みんなに好きな飲み物を聞いて回った。みんな自分のおしゃべりに夢中だから、飲み物をひっくり返してしまったり、ビスケットもすぐになくなってしまうから、また補充しなくちゃいけなかったり、おまけにみんなが帰った後もたくさんのお皿やマグカップの片づけがあったんだ。忙しい一日が終わると、教会に来ていた日本人の女の子桜ちゃんが近づいてきて、
「マーマイト、君は喉が渇いても、他の人のために一生懸命奉仕していたね。君は、なんて素敵で優しい猫なんでしょう!これ、家に帰ってから牧師さんと食べてね。」
と言って僕に、抹茶のシフォンケーキをくれて僕をぎゅうっと抱きしめてくれた。その女の子は桜と言う名前の通り、本当にお花のように可憐でいい匂いがした。僕は家に帰ってから、牧師さんのリチャードと鮮やかな緑色をしたふわふわの抹茶ケーキを味わいながら、その日の出来事について話していた。
「僕は自分の青い毛がずっと嫌いだった。でも、今はこの抹茶ケーキが珍しいけど美味しいように、僕も特殊だけど、それが素晴らしい事のように思えるんだ。だって、僕が青い猫じゃなかったら、教会の前に捨てられることもなかったし、もし捨てられなかったら、寂しさや悲しい思いをすることもなかったから、きっと人の気持ちがわかる猫にはなれなかった。今、僕はこの幸せな瞬間を味わえることに心から感謝しているにゃん。」
すると、牧師さんのリチャードはにっこり笑って、僕のお皿に苺ジャムを添えてくれた。
「君の青は悲しみの青じゃなくて、空や海のように寛大で自由で、人々を幸せにする青だよ。君は、僕にとっても教会のみんなにとっても、かけがえのない愛すべき存在だよ。」
と言ってくれた。僕はその晩、とても温かい気持ちに包まれてぐっすり眠った。眠りにつくと、鮮やかな赤い色のキャロットケーキを、たっぷりの生クリームとブラックベリージャムと一緒に食べている幸せな夢を見た。




※ この物語の著作権はAimon (安河内亜衣)に専属します。無断転用・改変・印刷・複製しないで下さい。

No comments:

Post a Comment

Vegan banana cake recipe ビーガンバナナケーキレシピ♥

この投稿をInstagramで見る 途中で日本語話すの忘れちゃったけど、字幕をみてね🤸‍♀️💕 Momo さん(@yoga.with.momo...